第19回千葉裁判の報告 

●第19回千葉裁判の報告

 八ッ場ダム住民訴訟第19回千葉裁判、2009年5月12日、午前11時10分開廷。新装になった千葉地裁601号法廷の傍聴席は満席。

冒頭、右陪席裁判官の交代にともない弁論の更新手続きを宣言。続いて原告側3月14日付求釈明、被告側3月31日付回答書、原告側請求の主旨の変更申立(争点とした財務会計行為の範囲を訴訟提起した日時以降の支出命令に限定するかどうか)等の陳述を確認、さらには6月結審(今回は結審前の最後の法廷)を控えて、双方の主張を支える未提出書証類の提出の確認を求めました。

 6月23日(火)の法廷で結審を予告して閉廷、その間約10分。なお開廷前の進行協議の場では原告・被告双方の最終準備書面の作成とその提出期限の日時の設定をめぐって被告側代理人との間でやりとり(被告は原告に対し、結審の3週間前に最終準備書面を提出するように要請。それを踏まえて最終準備書面を作成したいと身勝手な主張をした)があり、裁判長がやや困惑の表情を浮かべる場面もありました。しかし、新しい主張があれば6月1日までに提出、新しい主張はないことを前提に結審の1週間前までには双方が最終準備書面を提出することになりました。

 裁判終了後の説明会で、中丸弁護士が法廷の流れを解説、そのあと前日の東京地裁の判決に話題が移りました。

東京地裁判決(一部却下~門前払い、その他棄却~審議の上請求を認めず)の直後の集会での大川弁護士の発言がこの判決の性格を捉えているように思いました。すなわち、㈰政策論争は裁判になじまないという主張が被告側から出され(千葉・茨城・群馬の被告側代理人伴弁護士ら) ㈪裁判所は政策論争に立入ることを排除はしなかったが、行政のフリーハンド、裁量権の範囲を広く認める一方 ㈫住民側の主張、立証のハードルを高く設定した ㈬東京の場合にはさらに首都圏としての特殊性を認めた。

中丸弁護士は、東京地裁判決の克服とその乗り越え、東京とは異なる千葉の状況(利水における水余り、財務会計行為)を焦点にすえ、あわせてさらに世論の喚起に力を注ぎ取り組んでいきたいと発言。各地の裁判での論争の支柱となっている嶋津氏からは“東京は完敗だった、先に結論ありきの判断だ”と断じながら、今後のたたかいへの決意が表明されました。勝訴は勿論目的ですが、八ツ場ダムにかかわる公金支出差止請求の各地の一連の裁判の意義は、司法の場での政策論争と実態審理を通じてこの国の公共事業のあり方に一石を投じて変革を求めていくことです。その意味で東京地裁の判決は、原告および原告弁護団すべての期待と願いを裏切るものでした。

次回の裁判は、6月23日(火)午前10時30分から千葉地裁601法廷で、結審となります。1時間ほど原告側の最終陳述が行われます。これから判決文を書く裁判官に、改めて八ッ場ダム中止を訴えましょう。多数の傍聴をお待ちしています。(坂倉敏雅 記)


●ストップ!八ッ場ダム千葉集会(仮題)

日時 7月25日(土)午後3時30分~5時30分
 場所 きぼーる 会議室(京成千葉中央駅から徒歩5分)
 内容 ・基調講演 

     青山貞一さん(環境行政改革フォーラム代表幹事、東京都市大学環境情報学部教授)
    ・今後の裁判の展望、その他

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/99-94ea8ce0