「八ッ場ダム建設を中止せよ」朝日新聞 投稿 2009/4/15 

【八ッ場ダム建設を中止せよ】無職 桜田 久(63 千葉県松戸市)

国交省が大津市の大戸川ダムの建設計画の凍結を発表した(4月1日朝刊)。

流域の3府県知事が建設に反対した結果である。
国交省は国の直轄事業であっても、地域の民意は無視できないことを認めざるを得なかったのだ。
しかしあくまで凍結であって、計画を撤回したわけではない。
首都圏には、1都5県にかかわる群馬県長野原町の八ッ場ダム事業がある。1952年に計画され、総事業費は国内のダムでは最高額の約4600億円。半世紀余りも頓挫していた本体工事が、今年度にも始まるらしい。

私は、治水の面では利根川水系に現在あるダムで十分で、森林の育成や遊水池を施工するべきだと考える。
水は余っているとも聞く。ダムになれば、川原湯温泉も吾妻渓谷も失われる大規模な自然破壊と、財政難に苦しむ地方の分担金が問題である。
国交省は、一度決めた事業であっても、必要性を失った事業は、やめることこそ在るべき姿ではないか。
巨額の税金を投入する無駄な事業からの撤退を求める。
朝日新聞 2009/4/15
朝日新聞090415

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/95-035dacf0