裁判の「進行協議」を傍聴 

平成20年12月22日(月) 10:30~11:00
千葉地裁404号法廷で、「八ツ場ダム住民訴訟千葉」の裁判の「進行協議」を傍聴しました。

第18回の裁判に向けて、皆さんの参考までに協議の内容を簡単にまとめます。


第18回裁判、そして今後の裁判をどのように進めるか、原告側「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」弁護団と、千葉県の代理人伴弁護士他が、裁判長(他2名の裁判官)を囲んで打ち合わせをしました。

「進行協議」は裁判の合間や裁判の直前に行われ、一般公開はされていませんが、原告は傍聴ができます。

全てを弁護団に任せることなく原告市民が積極的に関与するために、毎回の進行協議には、幹事を中心に原告による傍聴を続けているのです。

今回の協議の要点は3つでした。

一つ目は、先の証拠調べの際の、千葉県職員高澤英明氏の証言に関する問題。

8月26日第16回裁判の証拠調べの際、高澤氏は原告弁護団の追及に対し、『治水調査の報告書は存在する。公開できる。』と証言。
その場で文書の提出を求めたが、その後なにも提出されていない点に言及。

これに対しては、被告側の弁護士は、『千葉県側はその書類を裁判所及び原告に提出する必要はないと判断。
しかも、それらの文書類は多量にあり、その中からどれを出せばいいのかも分からない。

原告側で文書が必要ならば一般の情報公開制度で請求してほしい。』と主張。
原告側は裁判上での提出を求めたが、裁判長が正式には、千葉県からの提出を求めなかったので、とりあえず原告側で情報公開請求を行うことになった。

(その後、12月23日に情報公開請求し、1月16日に開示された。
開示された行政文書は大きく分けて以下の6種。)

  1. 昭和61年7月策定の八ツ場ダム基本計画について、千葉県が検討した際に作成した「メモ」【河川整備課】
  2. 平成13年9月の八ツ場ダム建設計画についての第1回変更時において、千葉県が検討し、議会に提案するため作成した「起案文」【河川整備課】
  3. 平成16年9月の八ツ場ダム建設計画についての第2回変更時において、千葉県を含む「1都5県」が検討・調査した際に作成した資料【水政課】
  4. 現在手続き中の八つ場ダム基本計画第3回について、千葉県を含む「1都5県」が検討・調査した際に作成した資料【水政課】
  5. 国土交通省から千葉県が河川法63条の「著しく利益を受ける場合」について説明を受けた際に用いられた資料【河川整備課】
  6. 上記以外の八つ場ダム建設計画について千葉県が検討・調査した際に作成した資料の全て【河川整備課】

2つ目は今後の証拠調べについて。

原告側から千葉県知事・堂本暁子氏と国土交通省関東地方整備局長・菊川滋氏両名の証拠調べの実施を求めた。

堂本知事は生物多様性問題の専門家の一人とされ、その立場から八ツ場ダム建設計画による環境の破壊・アセスメントの不備と本件財務会計行為の違法性いかんに関わる認識を明らかにする必要があること。

菊川氏については、水戸地裁での証拠調べでの治水関係についての大熊証人(証言は千葉の裁判でも採用されている)に対し、その場で反対尋問権を放棄したにもかかわらず、茨城県側弁護士(千葉県代理人と同じ伴弁護士)からは反証として、菊川氏作成の書面が提出されている。

こうした手法は本来認められるべきではないことであり、原告側からの反対尋問を行うことは必要不可欠である。・・・と主張した。

裁判長は結論は出さず、今後の裁判の方向を見るということで、両名の証拠調べについては次回以降に持ち越しとなった。

三つ目は被告千葉県側から提出された準備書面(22)について。

この準備書面の内容は、平成20年9月に出された「千葉県長期水需要予測の見直し」に関する資料。
被告千葉県側は長期水需要予測は下方修正されているが、八ツ場ダム建設計画との関係はないと主張。

原告弁護団の概観では従来の需要予測の大幅下方修正であり、需要予測の誤り・破綻にもとれるが、書面の提出が今回の進行協議の直前であり、十分に検討する期間がなかったので、これから検討したい。

場合によっては独自の準備書面の提出もしたい。・・・と主張。認められたので、弁護団会議で扱いが検討される。

なお、もう一点第16回裁判。証拠調べでの原告側証人、島津氏と大野氏の証言に対しても、裁判での反対尋問を放棄した上で、千葉県職員からの反論の書面が提出されている。

両名の専門性に言及するなど全く認められない内容であるが、証人として再申請はせず必要に応じて反論の主張及び証拠の提出を行うこととした。

次回の裁判で、堂本知事が証人として採用されるかどうかが決まると思われます。
2月24日(火)10時から千葉地裁301号法廷での裁判に多くの皆さまの傍聴をお願いします。


八つ場ダムをストップさせる千葉の会 幹事
武笠 紀子

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/75-ecc8506b