スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会」(仮称)発足の準備 

5月19日、東京・永田町の星陵会館において「八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会」(仮称)を発足させるために、4月25日、参加呼びかけ文が下流都県の全都議・県議400名に発送されました。

呼びかけは、群馬県議会の黒沢孝行(フォーラム群馬)、関口茂樹(スクラム群馬)、角倉邦良(スクラム群馬)、石川貴夫(民主改革クラブ)、あべともよ(爽風)、早川昌枝の6議員。八ッ場ダムを考える群馬県議会議員の会に所属する各会派から各1議員のほか、参加とりまとめなど事務局となる角倉議員が名前を連ねていますが、呼びかけは県議会議員の会ではなく、議員有志です。


呼びかけ文で挙げられている八ッ場ダムの問題点(要約)

1. 治水上、利水上の必要性についての疑問
2. 巨額な税負担
3. 水没予定地住民の生活再建が困難
4. 事業費再増額の可能性
5. 地質の悪条件による災害の危険性
6. 名勝・吾妻渓谷の自然破壊

1都5県議会議員の会の活動目的(案):

1.八ッ場ダムの必要性の検証
2.ダム事業の実態調査
3.水没予定地域住民の真の生活再建を支援

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/62-40c7d536

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。