スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ッ場ダム住民訴訟 その経過と展望2 

2005年の活動とこれから

八ッ場ダムをストップさせる千葉の会は、県民1337人の住民監査請求人をもってスタートしました。

千葉県民からは、過去2回、八ッ場ダムの建設阻止を求めて提訴がありました。
この関心の深さを背景に、'04年8月に、あらたな提訴にそなえて「緊急学習会 八ッ場ダムを考える」を開き、千葉県の担当職員から「千葉県の水政策」について聞き、監査請求の意味と今後の展開を議論しました。

2002年11月、住民監査請求を提出、そして監査委員への陳述には多くの市民が参加者しました。特に陳述の際に、入場者数と録音の可否をめぐって監査委員と紛糾するなど、後の波瀾を予想させる会員のハッスルぶりでした。

しかし残念ながら、住民監査請求は却下されました。これに対して訴訟原告を募集しましたが、51名もの参加者を得ました。訴状参加に遅れた4名は、同様の訴状で別に提訴するハプニングがありましたが、その後、訴状の取下げを受け、八ッ場ちば、一体になって闘っています。

弁護団は、統一弁護団35名で提訴しましたが、日常の弁護活動は、千葉県の強力な弁護団10名で行っています。

八ッ場ダムをストップさせる千葉の会は、裁判を弁護団にお任せにしないように、県民へのPR活動を行ない、また、まだ埋もれている情報の発掘?のために学習会を続けています。

学習会では、①公共事業再評価 と ②包括外部監査、の二つが正しく行われているか、検討の過程と評価の結果を検証しています。

公共事業再評価では、水道水源についてですが、千葉県の再評価で「費用便益比が1.67」になっています。この費用と便益の算出には納得できないので、独自に算出し対案が準備出来ないか検討中です。

包括外部監査では、外部監査人も、水あまりを指摘しています。われわれも指摘の内容の検証を続けます。

さらに、利水の経費には、ダム建設事業費など水源を確保する経費に加えて、水を利用する経費が必要です。そのため多くの施設が建設中であることが指摘されています。この経費も含め費用便益比を検証する必要があります。

これらの検証の結果を、裁判に反映させていきたいと考えています。

最後に一言付け加えれば、市民運動は・・楽しくなけりゃ やってらんない、の心意気で頑張っています。(2005.11.27)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/17-71900616

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。