スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吾妻渓谷の紅葉見ごろ 観光客でにぎわう 

吾妻渓谷の紅葉見ごろ 観光客でにぎわう(東京新聞群馬版2010年11月4日)

 長野原町と東吾妻町にまたがる吾妻川の国指定名勝・吾妻渓谷で、紅葉が見ごろを迎えた。県北部は三日、青空の広がる秋晴れとなり、首都圏を中心に多くの人でにぎわった。両町の観光担当職員によると、紅葉は今月中旬まで楽しめそう。

 吾妻渓谷は、八ッ場(やんば)ダム建設計画で、渓谷の保存を求めて起きた建設反対運動に国側が配慮し、ダム本体の建設予定地を数百メートルほど上流に移動した経緯がある。建設中止撤回の場合、上流の渓谷の一部はダム湖に沈む。

 六日には馬淵澄夫国土交通相が現地を視察する。しかし、ダム建設の是非を決める検証作業の日程は不透明な状況。生活再建事業の遅れなどで疲弊する地元住民にとって、渓谷の美しい紅葉はどう映っているのだろうか。 (山岸隆)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20101104/CK2010110402000074.html

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/168-378f6c72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。