STOP八ッ場通信11号P4【お知らせ】 

STOP八ッ場通信11号


【署名活動にご協力ください】

内閣総理大臣・国土交通大臣宛署名
「八ッ場ダム・霞ヶ浦導水・湯西川ダム・南摩ダム各事業の中止と現地住民の生活再建の早期実施を求めます」
目標50,001筆以上(八ッ場ダム推進派の署名数を超えよう!)
第一次締切り:3月末日

 現在、首都圏で推進されているこれら4事業の総額は1兆2千億円にもなります。日量600万㎥もの水余りを抱える首都圏にあっては、利水目的を失い、治水面の必要性もなくなっています。このまま建設を進めれば多くの弊害を生み出し、子孫に大きな負の遺産を残すことになります。旧政権下で進められてきたこれらの事業を中止し、現地住民の生活再建の早期実施に取り組むことを求めます。(→署名用紙ダウンロード


【どうなる?八ッ場ダム来年度予算 ダム中止でも湖面1号橋は必要?】

昨年8月時点で八ッ場ダム事業の国交省概算要求は194億円でしたが、政府原案での来年度予算は154.5億円となりました。つまりダム本体工事を除く全額が生活関連事業として盛り込まれたのです。しかし、そのなかにはダムの本体工事につながるものも含まれています。その代表的なものが湖面1号橋です。テレビ等でよく目にするのは湖面3号と2号橋で、その下流につくられるのが湖面1号橋です。事業主体は群馬県ですが、工事費の96%が国の補助金であり、国の判断で止めることができます。この工事費は52億円と試算されています。そこで、各都県の会の連名で12月3日に前原国交大臣と民主党群馬県連に対して、湖面1号橋の工事入札の中止を求める要請書を提出しました。しかし、この問題は現在、持ち越しとなっており、湖面1号橋の建設を止められるかが、今後の大きな争点です。
(入江晶子)



【総会のお知らせ】

日時:2月15日(月)午後2時~4時
場所:市民ネットワーク・千葉県事務所 4階会議室

総会終了後、記録映画「日独裁判官物語」を上映。両国の裁判官の姿を通して、司法のあり方を一緒に考えましょう。



【各地の裁判日程】
  • 栃木県 2月18日(木)11:00~ 進行協議 宇都宮地裁
  • 宇都宮市  3月4日(木)13:00~ 口頭弁論 東京高裁 822号法廷
  • 埼玉県 3月31日(水)11:00~ 最終弁論 さいたま地裁 105号法廷
  • 東京都 4月16日(金)15:00~ 進行協議 東京高裁 16階


【編集後記】

“事業それ自体の瑕疵が重大かつ明白であって、利根川水系工事実施基本計画等が無効であるといった特段の事情がある場合”に限って、知事は受益者負担金の支出をしてはならないという裁判長、この国の司法はそこまで思考を停止してしまっているのか、そこまで行政に肩入れをするのか、それで公益がまもれるのか?
( 坂倉敏雅)



【八ッ場ダムをストップさせる千葉の会について】

「千葉の会」とは?
2004年9月、千葉県に対し住民監査請求を行う請求人を募集した際、その取りまとめを行ったメンバーにより発足されました。
関係6都県にも同様の会があり、八ッ場ダム建設事業を中止させることを目的に、情報交換しながら共に活動中。この6団体の連合体が「八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会」です。

入会のお誘い
この裁判を勝ち抜くためには大勢の力が必要です。
「千葉の会」に入会し、ぜひ継続的ご支援を下さいますようお願いします。
会員の皆様には裁判期日やイベント情報などを掲載した会報をお届けしています。会費は1口1,000円、何口でもOKです。八ッ場ダムをストップさせるまで一緒にがんばりましょう。

★緊急カンパのお願い★
「控訴審に向けて、意見書作成等の費用が必要です。
ご協力をよろしくお願いします。」
*会費・カンパは下記の郵便局口座にお振り込み下さい。連絡経費節減のため、通信欄にはFAX番号やメールアドレスもご記入下さい。

八ッ場ダムをストップさせる千葉の会
振替 00120-5-426489


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/155-ec9cdf6e