スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるでコピペ判決 

11:45より県庁前で街宣を行いました
八ッ場千葉判決
マイクの調子が悪く人間拡声器となって傍聴を呼びかける原告団メンバー
八ッ場千葉判決
傍聴券は抽選。このトンネルのような通路中程から整理券を求めて並びます
八ッ場千葉判決
午後12時半、裁判所前に並んだ傍聴希望者の列は、どんどん長くなり・・
八ッ場千葉判決
ついに道路にまで溢れました。
90人定員の法廷に入りきれないほどの人が集まり、抽選。
八ッ場千葉判決
今日は何か大きい裁判があるんですか?の問いに「八ッ場です」と答えると「八ッ場!!仕事なんかしてる場合じゃねえ!」とポーズをとる、ワーカーたち
八ッ場千葉判決
敗訴!
不当判決の「旗出し」
八ッ場千葉判決
県庁で記者会見
八ッ場千葉判決
NHKと千葉テレビ
八ッ場千葉判決
判決に失望と不満をぶちまける原告と弁護士たち
八ッ場千葉判決
昨年の東京裁判の判決文をそっくり引き写しただけの「コピペ判決」
裁判長は堀内明
八ッ場千葉判決
弁護団のうち菅野、広瀬弁護士が駆けつけてくれ、判決要旨を解説。
判決文「千葉県が国に対し、八ツ場ダム使用権設定申請を取り下げることを怠ったことは違法である」とする住民の主張は、使用権は財産に当たらないので、住民訴訟の対象とはならないから、却下する。

コメント:使用権は立派な財産である。また、国が勝手に決めた無駄な公共事業をやめるよう直接国民が争うことが、
現在の法律では不可能である。「負担金」を差し止めることしかできないが、この判決のように、司法は常に国の味方であるので、住民が勝つのは相当困難である。

判決文「利水については、平成13年の県の水需要予測が明らかに不合理な推計であると認めるのは困難である」「平成20年の予測が明らかに不合理な推計であるとは認められない」

コメント:千葉県の水需要予測は明らかに過大。これは統計で明らかになっているので、裁判所も否定できないのに、
それを「不合理な推計であるとは認められない」という言葉でお茶を濁している。はっきりと「適正な推計である」 と言えないところに、苦しい言い訳がある。

一 言でいえば、「いくら水が余っていようと、いつか水が足りなくなるかもしれないから、いいんだよ」これでは、なんでもありの世界。やりたい放題の行政を認 め、追認する裁判官の姿勢は、「最小のコストで最大の効果を」という、地方自治法が定める地方公共団体の責務を無視したトンデモナイ判断。

判決文「治水については、計画流量である22000㎥が明らかに不合理だと判断することはできない」

コメント:「国 は22000の根拠を資料として出せないでいる。22000ではなく、16750しかないと認めて いるのに、上流部分でもし将来治水工事がされ、氾濫が なくなって水が全部利根川を流れるようになるかもしれない。そのときは22000になるだろう、という屁理屈。これも「もし」を前提とした何でもアリの論 理であり、河川法 63条「支出には、著しい利益がなければならない」とする趣旨に反している。

そのほか、

今回の判決は、コンクリートから人へと政治は変わったにも関わらず、相変わらず公共事業の在り方を一切考慮せず、住民に背を向けた談合判決である。

クソ判決! 水漏れ判決! 欠陥判決! 堀内裁判長は逃げた!
水道は地方公営企業法に基づき独立採算制でやっているのだから、料金適正化を図らねばならないのに、水源にどんどん金をつぎこんでいる現状はおかしい。
八ッ場千葉判決
嶋津さんもがっくり
八ッ場千葉判決
最後は全員で写真撮影をし、みんなで再度力を合わせて高裁へ控訴しようと誓い合った。
行政訴訟で住民が勝つことは極めてむずかしい。今回、その扉をこじあ けることはできなかったが、鍵の開け方が見えてきた。
八ッ場千葉判決
メキシコのことわざにある。「最悪の事態は、よりよい状態への準備期間である」

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/148-f8562694

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。