「軟弱地盤なんざ筋書き通りさ」by国交省? 

本日も大野ブログよりの転載。
ある意味「なんだ、やっぱりね」という印象の構図だ。あれだけ合理性のないダムを造ろうとするのはやっぱりこういう「裏」があるという話。

【八ッ場ダム:天下りのあきれた構図】(「大野ひろみの県県GO!GO!」2009/09/24より転載)
今日の「きっこのブログ」に次のような指摘がある。
------------------------------
八ッ場ダムの建設に関わっている7つの公益法人と13の民間企業には、そのすべてに合計で46人もの国交省の天下りがいる。
「天下りの天下りによる天下りのための公共事業」であり、ダムが計画通りに建設されれば、これらの公益法人と民間企業には巨額の予算が流れ込み、天下りたちの下にいる県議や町議らにも莫大な「おこぼれ」がある。(きっこのブログ 2009年9月24日)
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20090924 
------------------------------

これで思い出したのが、2年前に横田一さんが週刊金曜日に書いた記事だ。
当時は、今や懐かし「福田首相」のときであり、参議院議員大河原雅子さんが国会質問で、「八ッ場ダムを福田ダムと呼ばせてもらう」と発言、首相をむっとさせ、拍手喝采を浴びた。

福田首相のお膝元、群馬県の長野原町に計画された八ッ場ダム。彼のお父さん、 福田赳夫元首相が強力な推進派だったことから、地元ではもっぱら「福田ダム」と呼ばれてきたそうな。

ダム工事は、ダム本体だけでなく、工事用取り付け道路や付け替え道路、橋げたなど、いくつもの関連工事がある。それらの工事の落札業者・落札金額、及び、国交省から落札業者への天下り数などを資料請求したのが、当時の長妻衆議院議員。

長妻さんは何度も国交省に資料請求したが、なかなか出てこなかったという。それもそのはず、ようやく出てきた資料を見て、あまりの「天下り」ぶりに仰天。これじゃあ、国交省も出し渋るなと納得したという。
以下がその一覧表であるが、ダム工事を落札している37社の企業に52人、7つの公益法人に25人、実に合計77人が国交省から天下っていたのである。(平成15年~17年) 

天下り   

絵に描いたような「政官業癒着」である。八ッ場ダムの建設は、国交省OBの天下りのためという側面も持ち合わせていたのだ。
今地元で繰り広げられる民主党への徹底抗戦の背後には、こうした思惑が見え隠れする。次のような元官僚の言葉も紹介されている。

「国 交省に限りませんが、官僚の最大の関心事は天下りです。だから、『費用は低めに、効果は水増しする』という常套手段(情報操作)を使って無駄な公共事業を 正当化し、着工にこぎつける。後は『予想外に地盤が軟弱だった』などと言い訳して事業費を膨らませればいい。工事さえ始めれば、請負業者がふえ、天下り先 も次々と出来るという計算なのです」

まさに八ッ場ダムがその典型!
当初2110億円とされた事業費は、2倍以上の4600億円に増額され、工期も2度延長された。これから嵩む「地すべり対策」(1000億円)、東京電力への減電保証(数百億円)そして、起債の利子などを入れると、1兆円ですまない可能性も出てくる。

また、当時の国会で福田首相に、「八ッ場ダムに関する国交省の徹底的な情報開示と、厳格な事業の検証」を厳しく迫ったのが、誰あろう前原誠司議員だ。その前原氏が今は国交大臣となって、八ッ場ダム中止を決然と表明する。つくづく、時代が変わったことを痛感する。

「自社さ政権のときに前原氏は八ッ場ダムを承認したではないか」などと、鬼の首を取ったように叫ぶ声もあるが、国交省とゼネコンの癒着を放任し、無駄なダム事業を何ら検証もせずに進めてきた自民党関係者の方々から、そんなことを言われる筋合いはない。
鬼の首を取る前に、ご自分の首を洗って待っていたほうがよいのでは?

コメント

>きっこ→これだな↓

「八ッ場ダム報道でヤラセ発覚」(世田谷通信)

民主党が公約に掲げた「八ッ場ダムの建設中止」に対して、ダム建設の推進を訴える中年男性や中年女性など地元住民の映像が各テレビ局のワイドショーや報道番組などで繰り返し流されているが、これらの地元住民が、実はダム建設推進に深く関わって来た長野原町の自民党系の町議会議員であったことが分かった。町議会議員でも住民には違いないが、町議会議員であることをまったく報じず、いかにも仕事中のような服装をして「われわれ住民の気持ちはどうなる!」「わたしたち地元の人間のことはまったく考えてくれない!」などと、口にしているセリフも町議会議員の立場からのものではなく、あくまでも一般の住民を装っている。前原誠司国交相は、ダム建設の中止を宣言した一方、これまで自治体が負担した負担金の全額返還は当然として、できる限りの補償をすると伝えているが、住民側はまったく受けつけず、とにかく「ダムを造れ」と言い続けている。負担金を全額返還した上で十分な補償までするのだから、計画を中止にしても住民にとっては何のデメリットもないはずだが、こうした反対の声を上げているのが町議会議員だったということで、意地でもダムを造らせようとる意図が明確になった。この八ッ場ダムの建設に関わっている7つの公益法人と13の民間企業には、そのすべてに合計で46人もの国交省の天下りがいる。また事業の基本方針を決定した検討委員会も、委員長から委員に至るまでそのほとんどが国交省の天下りで組織されており、石原慎太郎東京都知事も名を連ねている。言うなれば「天下りの天下りによる天下りのための公共事業」であり、ダムが計画通りに建設されれば、これらの公益法人と民間企業には巨額の予算が流れ込み、天下りたちの下にいる県議や町議らにも莫大な「おこぼれ」がある。こうした構図を見れば、町議会議員らが一般の住民を装うという悪質なヤラセを演じてまでダムを造らせようと躍起になっている異常さもつじつまが合うだろう。(2009年9月24日)
  • [2009/09/25 02:05]
  • URL |
  • きっこのアッシー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

八ッ場ダムについての問題点の一つは、自ら「八ッ場ダムについて知りたい!」と能動的に動かない限り、真実に行き当たらないことです。

選挙で民主党が大勝した後、放送された日テレ『太田総理…』にて、「新政権が赤字を出したら、民主党議員が自腹で払え」なるマニフェストが出てスタジオ出演者の間で可決されました。

自民党議員も一緒になって賛成してました。(反対した自民党議員もいます)

視聴者も投票に参加出来るのですが、こちらでも賛成多数でした。

私は「民主主義に反するし、国民が選挙で選んだのだから結果にも責任を持つべき」との観点から『反対』を意思表示しようとしたところ、送信出来なかった!
何度送信しようとしても、「混み合ってる」らしかった。

報道機関の方々は、「真実を広く世間に知らせたい」という高い理想を持って就職したはずです。

どうか初心を忘れないで下さい。
  • [2009/09/25 07:05]
  • URL |
  • 千葉県民の一人
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ダム建設続行で事態は悪化

私は下流域の千葉県民ですが、八ツ場ダム建設中止を待っています。でもテレビ、新聞では八ツ場ダム現地で怒っている住民の声を伝えてきます。
しかし実は、八ツ場ダム建設を続行する方が大変だという情報があることは無視されています。
地元が反対から賛成に変わってから20年以上、何度も延長されていますし、その間にも地盤が脆弱なことや地滑りの危険性があること、水は余ってきたし、洪水もゲリラ豪雨だし。それにダム建設に嫌気をさして村人が次々と村を離れているとも聞きます。
昨年、また工事が延長されても、この不景気で、経費を削るためにダム本体のコンクリートを減らし、地滑り対策を簡易に変えとか安全性は?。しかもダムが出来たら観光地になって温泉街が繁盛、ダムのある景観は素晴らしい?主張する人たちだって不安でしょう。現地では表には出せないのでしょうか、ダム中止が決まってほっとしている人たちもいると思ます。美しい八ツ場は地元の自慢、故郷を大切に守りたいのが本当の気持ちだと思います。その気持ちを踏みにじってきた「国」に、反対運動に無関心だった下流域の私たちに怒っているのだと思います。私が現地住民だったら腹の虫が納まらない話です。あんなに反対
  • [2009/09/25 09:13]
  • URL |
  • ダム下流域の県民
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/124-958c50b7