公開質問状 

森田知事に公開質問状を提出しました。
回答期限は9月14日としました。
また、本日9月8日には報道関係者へ事業の現状等へのレクチャーも予定しています。



2009年9月2日

千葉県知事 森田 健作 様

八ッ場ダムをストップさせる千葉の会
共同代表 中村 春子 村越 啓雄

公 開 質 問 状

 日頃より千葉県民のためにご尽力いただき、感謝いたします。
私たちは、必要性を失ったうえ負の遺産として次世代に禍根を残すであろう八ッ場ダム事業の中止を求めて活動している市民団体です。
  八ッ場ダム問題は千葉県知事選において争点の一つとなり、また衆議院議員選挙でも無駄な公共工事の代表例として取り上げられました。森田知事は知事選挙で の私共のアンケートに対して「八ッ場ダム事業は巨額の費用を要するもので、精査しなければならない。」とご回答されました。
しかし、当選後に開かれたダム推進議連の会合で「この事業はやらなければ駄目なのだ。最初から賛成だった。」と直ちに前言を翻しました。
 また、7月26日に八ッ場ダム現地を視察された後、「中止したら大変なことになる。」と発言されたことも報道で知りました。
知 事は8月6日の定例会見で「進捗状況は70パーセント…わーっと思うぐらい相当の勢いでできていますし」と述べられましたが、これは国交省の予算ベースの 数値であり、2009年3月末の国道付け替え工事の完成区間は全体のわずか6%で、本体工事は未着工です。国交省の都合の良い場所を視察され、国交省担当 者からの偏った説明を受けて判断された上でのご発言ではないかと推察いたします。
八ッ場ダム事業がこれほど問題になるのは、それだけの理由がある とお考えにはならないのでしょうか。貴職は千葉県民の信託を受けて知事に就任されているのですから、本事業に対する充分な情報を得た上で判断すべきであ り、軽々に発言することがあってはならないと考えます。そこで、森田知事のご認識を再度伺いたく、以下の質問にお答え下さるようお願いいたします。

l. 八ッ場ダム事業については、国および千葉県の人口が将来的に減少していく中で新たな水源開発の必要性がないこと、3度にわたる計画変更と事業費増額、工期 延長と完成時期の不確実性、巨額の直轄負担金やダム本体や地すべりの危険性などが指摘されています。国においては民主党を中心とする新政権が発足し、八ッ 場ダム建設中止に向けての具体的な対応が協議されていくところですが、改めて現時点におけるダム事業への参画についてのご認識をお聞かせください。千葉県 民にとっての必要性について、明確なご説明をお願いします。
 
2.ダム建設計画が持ち上がった当初、反対運動を続けていた現地住民の方々 は、半世紀にわたって本事業に翻弄され、現在に至っています。知事は視察後、「現地はダム推進を望んでいる」と発言されました。そこで伺いますが、知事は 現地における経緯をどのように理解され、このような発言をされたのか、お答え下さい。

公務ご多忙とは存じますが、以上2点について、9月14日までに下記の宛先まで文書にてご回答下さるようお願い申し上げます。
 なお、この公開質問状については、ご回答の有無も含めて当会のホームページに掲載し、報道各社へも情報提供することをご承知置き下さい。
 以上、よろしくお願いいたします。




     ご回答先 〒285-0825 
           千葉県佐倉市江原台2-5-29
          八ッ場ダムをストップさせる千葉の会
                   中村 春子 宛

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/113-6670215c