スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「八ッ場ダム」冷静で正確な情報が必要 

マニフェストで「八ッ場ダム中止」を掲げた民主党が大勝し、これでようやく工事中止に向かうと思いきや、推進派攻防戦の様相を呈し、最近のテレビ・新聞報道が誤り、誤解の多い、非常に偏った情報ばかりになっています。
「八ッ場ダムをストップさせる千葉の会」では、まず正確な情報を記者さんにお伝えするためのレクチャー等を計画しています。

八ッ場ダム周辺の整備は進んだとは言え、ダム本体の工事はまだ始まってもいないのです。

詳細は追ってご報告いたしますが、千葉の会メンバーからの寄稿をご紹介します。

~~~~~~~~~

民主党圧勝で八ッ場ダム「中止 万歳!」といかないのは想定内ではあったが、
「あそこまで出来ているのに無責任!」
などと民主党反対派のバッシングがメディアを通して勢づくことが危惧される。

市民の反対をねじ伏せ、「治水、利水においても不要」という科学的検証をも無視し、完成後には地滑りの危険さえあるダムに工事費を増額し、あそこまで造ったのは 自民党政権であり 国交省による 無駄な公共事業以外の何物でもないのだ。

半世紀以上も翻弄され続けた地元の民の気持ち、半世紀以上もかけて壊してしまった自然は 簡単には戻らない。
せっかく造った道路を生かし、またリニューアルした温泉場になってほしい。

松戸 柘植

==========
ダムに沈む村ダムに沈む村
(2005/04)
豊田 政子

商品詳細を見る

著者の住んでいる集落は53年間もの永いダム騒動の苦悩を背負わされ、国の水没宣言の重圧と対峙して、苦しい日々に明け暮れた…。水没してゆく静かな山里への愛惜をこめて、川原湯温泉の日々の暮らしから紡がれた魂の詩。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanbachiba.blog102.fc2.com/tb.php/111-7d879fd6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。