スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利根川の渇水(取水制限について) (「八ツ場あしたの会 事務局だより」より転載)  

事務局だより : 利根川の渇水(取水制限について)
2012年9月13日

 群馬県では一昨日、夕立がありましたが、しばらくはまだ30度以上の夏のような日が続くようです。

 利根川の取水制限について、解説をお送りします。
 田んぼでは稲刈りに備えて、水を落とします。これまで大量に取水されていた農業用水の利用が急減する季節を迎えています。

 利根川の渇水については、先にお伝えした解説もご参考になさって下さい。
 http://yanbachiba.blog102.fc2.com/blog-entry-225.html

 ~~~~~
 利根川の取水制限について

 9月11日から利根川の10%取水制限が始まりました。
 テレビは貯水率が最も低くて湖底が露出した矢木沢ダムを取り上げて、渇水到来の危機を伝えてきましたが、節水に努めることは必要だとしても、それほど心配する状況ではありません。

 9月中旬以降にもなれば、秋雨前線と台風の到来でまとまった雨が降る可能性が高くなってきますが、問題はそれだけではありません。
 まず、矢木沢ダムは、貯水率が5~6%(貯水量600~700万㎥)となっていますが、これは発電専用容量の貯水3,820万㎥を含まない貯水率であり、それを入れると、貯水率は30%近くまでに跳ね上がります。

 利根川水系8ダム全体の貯水量は上記の3,820万㎥を除いて、9月12日現在、1億3千万㎥/程度で、貯水率は約38%ですが、水需要の面でこの貯水率が今後、急速に減っていくことはありません。それは農業用水の取水量がどんどん小さくなってきているからです。

 以下の図は利根川で最大の水利用者である利根大堰の農業用水の最大取水量を半旬別(約5日)にみたものです。

2012_toneoozeki.jpg
    〈注〉上図は国交省が利根川の利水計算に用いた計画取水量を示す。

(画像をクリックすると原寸大で表示します)


 6~8月には最大で60~65㎥/秒も取水していたものが、9月に入ってからは20㎥/秒、10㎥/秒へと次第に小さくなって、10月からはゼロになります(冬期の試験通水のための取水量を除く)。なお、東京都水道の取水量は各水系の河川水と地下水を合わせて、最大で55㎥/秒ですから、利根大堰の農業用水の取水量は大変大きなものです。それがゼロに向かって小さくなってきているのです。

 利根川の渇水は近年では2001年に起きましたが、これは実質たった5日だけの渇水でした。その前の夏期の渇水は1996年で、8月16日に取水制限が始まり、9月14日まで続きました、その間,30%の取水制限まで行われましたが、その段階でも給水制限は給水圧の調整にとどまり、生活への影響は軽微でした。
 今回の渇水を1996年渇水と比べると、渇水の時期が1月近く遅れており、その間に上述のとおり、農業用水の需要の急減がありますので、水需要の面ではるかに有利です。

 また、首都圏の都市用水も当時と比べると、需要の規模が小さくなっています。
 その点で、今回の渇水を冷静に受け止めていただきたいと思います。

 なお、八ッ場ダムがあっても、その夏期の貯水容量は2,500万㎥しかありませんので、渇水の状況を大きく好転させるものにはなりえません。

 ~~~~~

 以下のブログも、利根川の渇水について、わかりやすい解説を載せています。

 ●http://seisaku-essay.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-05f1.html
 「取水制限」の利用方法~石原都知事の場合

 ●http://blogs.yahoo.co.jp/spmpy497/7140884.html
  ダムと渇水完結編ー政策的思考と渇水対策 
スポンサーサイト

利根川の渇水(「八ツ場あしたの会 事務局だより」より転載) 

事務局だより : 利根川の渇水
2012年9月5日

 残暑が続く中、利根川の渇水が新聞、テレビで大きく取り上げられ、利根川上流の矢木沢ダムの湖底が露出した映像が放映されています。
 これを見た人の中には、「やっぱり八ッ場ダムは必要なんじゃないか」と思う人もいるようです。

 こういう時は、マスコミが何を報道し、何を報道しないのか、実際はどうなのかをまず把握することが大切です。

 国土交通省のホームページには、利根川水系8ダムの貯水率や過去の渇水のデータなども掲載されています。
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/data/html/Page1.html
 矢木沢ダム、奈良俣ダム、藤原ダム、相俣ダム、薗原ダム、下久保ダム、草木ダム、渡良瀬貯水池

 上記ホームページを見ると、利根川水系8ダム全体の貯水率が40%(9月4日現在)であるのに対して、矢木沢ダムは5%で極端に低くなっています。下久保ダム、藤原ダムは70%の貯水率で、ダムによって貯水率がかなり違うことがわかります。

 同じ利根川水系でも鬼怒川水系の3ダムのデータは、こちらで見られます。
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000112.html
 五十里ダム、川俣ダム、川治ダムの現在の状況
 
 鬼怒川系3ダムは貯水率が73%です。 

 東京都水道局のホームページには、東京都の水源である利根川水系、荒川水系、多摩川水系の各ダムのデータが載っています。
 荒川水系4ダムは68%、多摩川の小河内ダムは83%であり、他の水系は余裕があります。 
 http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/water/suigen.html
 荒川水系ダムー浦山ダム、荒川貯水池、滝沢ダム、二瀬ダム
 多摩川水系ダムー小河内ダム(貯水池)、村山・山口貯水池

 荒川水系の二瀬ダムは貯水率が0%となっています。これは二瀬ダムが洪水調節の役割のために、ダムの水を放流し、台風シーズンに備えているためで、例年通りの状況です。 

 一昨日、9月3日に国交省では利根川水系渇水対策連絡協議会幹事会が開かれ、その結果が関東地方整備局のホームページに掲載されました。
 http://www.ktr.mlit.go.jp/saigai/kyoku_dis00000063.html
 
 今後のことについては、「今後も少雨傾向が続いた場合、利根川上流8ダムからの補給は更に続くものと予想され、かんがい期における農業用水及び都市用水の需要が継続する状況下において、現在のダム容量を有効に使うとともに、必要に応じ取水制限等の対応を実施しなければならない事態も考えられます。」

 と書かれており、今しばらく様子をみるようです。

 その理由は、9月に入って農業用水の取水量が大幅に落ち込んでいること、そろそろまとまった雨が降る可能性が高くなっていることにあると思われます。

 渇水について問題とすべきことの一つは、ダムから下流への補給が適切に行われたのか、過大な放流でダム貯水量を必要以上に減らしてしまったのではないかということです、

 随分前の渇水ですが、1987年渇水、1994年渇水では、ダムの過大放流が問題になりました。

 以下のグラフは、ダム貯水量、ダム補給量、利水基準点「栗橋」の流量を7月1日~9月2日の期間について整理したものです。

2012_tonegawa_graph_20120922162651.jpg

(画像をクリックすると原寸大で表示します)



 これを見ると、8月前半は栗橋(埼玉県、利根川の利水上の基準点)の流量が、確保すべきとされている正常流量を大きく上回っているときもダムから補給が盛んに行われており、やはりかなりの過大放流があったのでないかと疑われます。
 この正常流量そのものも過大に設定されていて、ダムの過大放流を促すようになっています。

~~~

 上記の説明文の中で使われている用語(ダム補給量、栗橋)について、ご質問が寄せられましたので、説明を補足します。

【ダム補給量とは・・・】
 ダム補給量はダムの貯水を使って下流に補給した量を意味します。ダム補給量=ダム貯水量の減少量です。
 ただし、ダム貯水量の減少量がマイナスの場合(貯水量が増加する場合)はダム補給量はゼロです。
 上記のとおり、ダム補給量はダム貯水量から計算します。ダム貯水量は水文水質データベースに掲載されています。

【利根川の利水基準点は、なぜ埼玉県の栗橋なのか?】
 利根川の治水の基準点は八斗島(群馬県伊勢崎市・やったじま)ですが、利根川の利水の基準点は栗橋になっています。(下図参照)
 利根川水系河川整備基本方針の正常流量は栗橋で設定されています。
 ダムとの関係を見ても、利根川水系8ダムのうち、草木ダムと渡良瀬貯水池は渡良瀬川にありますので、渡良瀬川が利根川に合流した後の栗橋を基準点にする必要があります。

     【利根川流域図】

tonegawa-map_20120922163032.jpg

(画像をクリックすると原寸大で表示します)


 ~~~

 上記の記事の続きを「利根川の渇水」(取水制限)として以下に掲載しています。9月になると取水量が急減する農業用水が渇水を考える上でのキーワードであることを指摘しています。こちらも合わせてご参考になさってください。
 http://yanbachiba.blog102.fc2.com/blog-entry-226.html

☆ 矢木沢ダムについて、利根川のダムの歴史を研究してきた梶原健嗣さんがブログでわかりやすい解説記事を連載しています。
 http://yamba-net.org/modules/news/index.php?page=article&storyid=1715

8月24日、「ダム問題を考える千葉の会」が「思川開発事業からの撤退を求める申し入れ書」を 千葉県知事と北千葉広域水道企業事業団に提出 

2012年8月24日

千葉県知事
鈴木栄治 様

ダム問題を考える千葉の会
代表  武笠紀子
仝  坂倉敏雅


思川開発事業からの撤退を求める申し入れ書

 千葉県民の暮らしを守り、県政発展のため日夜努力されていることに敬意を表します。私たちはさまざまなダム問題に取り組んでいる市民団体です。
私たちは以下の事項を申し入れます。

【申し入れ事項】
千葉県は思川開発事業から即時撤退すること。
  思川開発事業は1964年に東京都の生活用水確保を目的に始まり、1994年に東京都が水余りのために事業から撤退し事業中止になるはずのところを栃木・茨城・埼玉・千葉の各県に利水を肩代わりさせ、規模を半分にして存続した公共事業です。
 その事業変更により北千葉広域水道企業団が新規利水者として参加しました。しかしこの間に、千葉県では節水思想や機器の普及や、近年顕著になった人口減少により水余りに転じ、万が一に北千葉広域水道企業団の給水地域の生活用水が不足しても千葉県水道局からの上水の転用で対応できる状況にあります。
 治水については、思川開発事業による南摩ダムは利根川本川の中・下流地域の洪水被害の軽減には無関係であり、千葉県が利益を受けることはありません。
 河川法においては不要となった事業からの撤退が規定されています。利水面でも治水面でも千葉県民の役に立たない上、千葉県財政の負担となる思川開発事業からの即時撤退の決断をお願いいたします。


連絡先:武笠紀子
     千葉県松戸市中金杉4-71-2
     電話:090-9365-9608



2012年8月24日

松戸市七右衛門新田540-5
北千葉広域水道企業団
企業長 吉澤昭彦 様

ダム問題を考える千葉の会
 代表  武笠紀子
 仝   坂倉敏雅


思川開発事業からの撤退を求める申し入れ書


日頃より貴企業団の給水地域への滞りない給水事業に謝意を表します。また昨年の原発事故による放射能汚染、本年の化学工場からの廃液によるホルムアルデヒド汚染の対応にご尽力をいただきありがとうございます。
私たちは千葉県内でダム問題を考える活動をしている市民団体です。
私たちは次の事項を申し入れます。

【申し入れ事項】
北千葉広域水道企業団は思川開発事業の利水事業から即時撤退すること。
北千葉広域水道企業団の給水地域は千葉県内でも人口の増加が見込まれた地域ですが、昨年の東日本大震災による液状化被害や、福島第一原発事故による放射能汚染により人口が横這い状況になっています。また節水思想や節水機器の普及、配水管の改修(漏水減)が進んで各自治体の水道事業では水余りに転じています。そして千葉県水道局には1991年度に工業用水事業から譲り受けてまだ利用されていない毎秒0.47立法㍍の保有水源があることが、2002年度の千葉県包括外部監査で明らかにされています。万が一北千葉広域水道企業団の給水地域で水不足が起こっても、千葉県水道局からの上水転用で思川開発分毎秒0.313立法㍍を補完する水量が確保されています。
1994年に東京都は水余りを理由に思川開発事業から撤退しており、遅れて千葉県でも水余りが始まっています。必要のなくなった水のために多額の借金をし、高い水道料金を次世代に負担させることのないよう、思川開発事業からの即時撤退を決めてください。

 上の申入れについて、申し入れ書受領の日から一ヵ月以内に貴職のご見解をお聞かせ頂きたくお願いいたします。なお当方の連絡先は下記の通りです。

連絡先:武笠紀子
     千葉県松戸市中金杉4-71-2
     電話:090-9365-9608

思川開発への参加を取りやめるよう、栃木県知事へ申し入れ 

8月28日、栃木県知事に対する栃木県県内3団体(下記)の思川開発からの撤退申入れ行動 がありました。
   ムダなダムをストップさせる栃木の会
   思川開発事業を考える流域の会
   ダム反対鹿沼市民協議会
 3団体は県知事(砂防水資源課、生活衛生課職員6人が出席)に対して、思川開発事業によって確保する水源の利用の計画がないのであるから、事業から撤退するよう申し入れたものです。
 利害関係のある下流自治体として、”ダム問題を考える千葉の会(武笠・坂倉共同代表)が
埼玉の市民団体と共に参加しました。
 続いて県庁内記者クラブにまわり、合同記者会見に参加しました。
大木一峻弁護士の冒頭説明に引き続き、参加各団体(栃木、茨城、埼玉、千葉)から
思川開発の便益の全くない状況についてこもごも説明をしました。
 千葉の場合についてのポイントは、思川開発によって確保する水源毎秒0.313立法メートルを上回る隠れ水源毎秒0.47立法メートルが、千葉県企業庁の工水から水道局の上水に転用(1991年度)されており、そのことを踏まえて思川開発からの撤退を事業主体である北千葉広域水道企業事業団に申入れたことを報告しました。          (坂倉 敏雅)



2012年8月  日


栃木県知事 福田富一 様


思川開発事業を考える流域の会
事務局長 伊 藤 武 晴
ムダなダムをストップさせる栃木の会  代表  高橋 信正
ダム反対鹿沼市民協議会 会長 廣 田 義 一


   思川開発事業からの撤退等を求める申入書
 盛夏の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 私たちは、思川開発事業を考える市民団体です。
 栃木県は、2006年の思川開発事業計画の変更計画において、毎秒0.403㎥で参画しています。
 そして現在、「思川開発事業の関係地方公共団体からなる検討の場」(2010年12月20日設置。鹿沼市長も構成員の一人)における検討が行われています。
 検討に当たっては、「国土交通省所管公共事業の再評価実施要領」に基づき、平成22年9月から臨時的にかつ一斉に行うダム事業の再評価を実施するための運用を定めることを目的とする「ダム事業の検証に係る検討に関する再評価実施要領細目」により、「検討主体は、利水参画者に対し、ダム事業参画継続の意思があるか、開発量として何m³/s が必要か、また、必要に応じ、利水参画者において水需給計画の点検・確認を行うよう要請する。その上で、検討主体において、例えば、上水であれば人口動態の推計など必要量の算出が妥当に行われているかを確認する。あわせて、利水参画者に対し、代替案が考えられないか検討するよう要請する。」(同細目20頁)こととされています。
 ところが栃木県は、栃木県が確保した思川開発事業の開発水を具体的に使用する2市3町(栃木市、下野市、壬生町、野木町及び岩舟町)の必要水量をおそらくは確認していませんし、それらの自治体の水需給計画の点検・確認を行ってもいません。
 栃木県は、検証に必要な水需要予測に関しては県内の利根川水系全体の資料を提出しただけで、思川開発に関するデータを出しませんでした。
 したがって、「検討主体において、例えば、上水であれば人口動態の推計など必要量の算出が妥当に行われているかを確認する。」こともできず、検討が保留の状態にあります。
 そこで、新聞(2012年7月27日付け下野新聞等)でも報道されているように、2012年6月29日にさいたま市で開催された「検討の場」第3回幹事会では、関東地整の担当者は繰り返し、栃木県の担当者に対して、思川開発事業に関する資料の提出を迫りました。
 栃木県がなぜ思川開発事業の水需要に関する資料を提出できないのかと言えば、上記2市3町を対象とした水道用水供給事業計画が存在しないからです。
 水道用水供給事業計画が存在しないのは、上記2市3町において、思川開発事業による開発水を必要としていないからとしか考えられません。
 また、上記実施要領細目によれば、利水参画者が代替案が考えられないか検討することになっていますが、上記幹事会の資料には代替案の記載がありませんので、栃木県が代替案を検討し、検討主体に報告したとも思えません。
 一方栃木県は、川治ダムを水源とする鬼怒工業用水を日量147,100㎥保有していますが、2010年度の実績利用量は、わずか約12.5%の18,438㎥/日にすぎません。実に約87%の128,662㎥/日(1.489㎥/秒)が余っています。
 栃木県が水道用水供給事業計画を必要と考え、そのために思川開発事業に参画しようと考えるなら、その前に鬼怒工業用水等の未利用水利権を転用すべきです。
 そこで、私たちは、貴職に次の事項を申し入れます。

【申入れ事項】
1. 栃木県は、思川開発事業の水利権を確保しても使うあてがないのであるから、同事業から撤退すること。
2. とりあえず栃木県は、未利用水利権の転用という代替案を検討し、その結果を検討主体に報告すること。

 なお、上記申入れの前提となる事実に誤りがあれば、2週間以内に下記までご連絡くださるようお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。