カスリーン台風が再来しても八ッ場ダムは要らない証拠 

「八ッ場ダム住民訴訟6年目の決算書-カスリーン台風が再来しても、八斗島地点毎秒一万6750万m3だから八ッ場ダムは要らない」

国土交通省は、カスリーン台風が再来した場合、利根川の洪水基準点「八斗島」を毎秒2万2000m3の洪水(基本高水)が襲うから、八ッ場ダムなど上流のダム建設が必要としてきました。
ところが、裁判の過程で、同台風が再来しても、現況では国交省の計算であっても毎秒1万6750m3しか流れないことがわかりました。八ッ場ダムの主目的の一つである「治水」の根拠が覆されたのです。
このことを多くの人に知っていただくために、八ッ場ダムの治水上の不要性にテーマを絞り、小冊子が弁護団により発行されました。
最近、馬淵国交大臣は「基本高水の計算データが確認できなかった」として、その再計算を指示しました。
2万2000m3がなぜ虚構の数字であるのか、この小冊子に簡潔に、スリリングにまとめられています。是非、ダウンロードしてご一読ください。(A4で12頁です)

「八ッ場ダム住民訴訟6年目の決算書-カスリーン台風が再来しても、八斗島地点毎秒一万6750万m3だから八ッ場ダムは要らない」



「法廷へのご案内」
八ツ場ダム住民訴訟弁護団団長 高橋利明
「住民訴訟スタートにあたって」
「八ッ場ダム裁判の現状」(2006年5月1日)
嶋津 暉之(八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会代表)

首都圏全体に広がった八ッ場ダムNo!の声。脱ダム運動の集大成ともいえる八ッ場ダム住民訴訟がスタートしました。一都五県の住民訴訟に取り組むのは、 2004年夏に発足した「八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会」。代表の嶋津暉之さんは、わが国脱ダム運動の理論的支柱ともいえる存在です。1960年 代、地元の"八ッ場ダム反対闘争"に衝撃を受けた嶋津さんは、それから今日まで、"水"を巡る「都市」と「水源地」のあり方を問い続けてきました。

詳細はこちらをご覧ください
八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会