スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

判決日が延期 

 判決日が12月22日とされていましたが、民主党を中心とした政権に交代し、前原国交大臣の「八ッ場ダム中止」の発言により、状況が大きく変わりました。

 これを裁判に反映させるべく、裁判所に弁論を再度開始するよう、弁論再開申立を行いました。

 裁判所は、被告側の意見も提出させ、11月27日に原告・被告出席の進行協議で議論の上、このほど判決日の延期が通知されました。 その内容は、

 「弁論再開はしないが、判決期日は延期し、来年1月19日(火)午後1時10分から(601号法廷)とする」。

裁判所の延期決定により、八ッ場ダムストップとの判決が言渡されることを期待したいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。