ダム計画は説明を--下流から声、聞こえてこない 

宮本博司さんのインタビュー記事です

毎日新聞愛知版 2009年3月23日 

この人に聞きたい:元国交省長良川河口堰建設所長・宮本博司さん /愛知

 ◇ダム計画は説明を--下流から声、聞こえてこない
 昨年10月の徳山ダム(岐阜県)の完成に続いて、2月には、豊川上流の設楽ダムの計画提示から36年ぶりに地元が建設に同意するなど、大型ダムを巡る動きが続いている。国交省長良川河口堰(ぜき)建設所長などを歴任するなど、ダム建設の最前線に居続けた宮本博司さん(56)に、日本のダム計画の抱える問題について聞いた。【浜名晋一】

 --国交省時代はダム建設を推進する立場だったわけですが。
 本省にいたころ、全国のダムの計画を作るようなポストにいました。その時は推進の立場だったのですが、その後、90年から93年に岡山県の苫田ダムに事務所長として行って、今まで自分がダムを机上だけで検討して推進してきたということを痛感しました。現場にいた間にダムに対する見方が変わったと思います。その後、転勤したのが長良川河口堰です。そこでも、賛成・反対両派が対立していた。ダムは、水をためる効果はあるけれども、一方で自然環境を変えます。そして、何よりも心が痛んだのが、水没住民の犠牲です。必要なら造らざるを得ませんが、そうでなかったら、中止すべきだと、今は思います。

 --ダム建設では、いったん計画が決まると、「水余り」が指摘されても、強引に推進されるというイメージがあります。

 本来、行政は推進側でも反対側でもないわけです。ところが「行政は推進側」と思われています。そのこと自体が、既に不信感を持たれているということです。なぜ、いったん決まったものは必ずやるのか。個別のダム計画がいったん決まれば、行政は何が何でも推進します。

 --ダムは地元にとっては迷惑施設です。そこで、地域振興などの利益誘導により、理解を得ようという姿勢が目立ちます。

 本来なら受益者の下流の住民が上流の人に対し「どうしても必要だから、ダムを造ってください」という話がないと、一体何のためのダムかということになります。しかし、下流の声はほとんど聞こえてこない。ダム建設の意義を国交省がちゃんと説明できれば、下流の人も納得します。そうなっていないのは、説明責任を果たしていないということです。地域の合意形成ができていない中で計画を推進しようとするから、結局「国交省が造りたいだけ」という話になる。

 --今後もダムを造る必要性はあるのですか。

 昭和30年代から40年代は水道用水が必要でした。しかし今、水需要は減っています。治水でも、洪水対策としてのダムの優先度は低いでしょう。もし、洪水対策としてダムが必要なら、新しいダム計画が出てこないとおかしい。でも、この数年間、新規のダム計画は出ていません。

==============
 ■人物略歴
 ◇みやもと・ひろし
 1952年生まれ。78年、建設省入省。長良川河口堰建設所長や近畿地方整備局河川部長などを歴任後、06年に退官。在任中は国交省幹部の立場ながら、むやみなダム建設を批判し続けた。現在は京都市で家業の樽(たる)製造業を継いでいる。

3/19 朝日新聞千葉版・八ツ場ダム 「不要」市民の声続く 

3/19 今朝の朝日新聞千葉版に、知事選特集第3回、主題ー八ッ場ダム「不要」市民の声続く。副題ー県「中止は非現実的」と困惑。として、やんばの工事写真を入れ、八ッ場ダム問題の記事が掲載されました。

Asahi.comでも以下の記事が掲載されました。(全文転載)

あしたを選ぶ 千葉の課題
【3)八ツ場ダム 「不要」市民の声続く】


 群馬県・草津温泉に程近い山あいの道沿いに、川原湯温泉の古い温泉宿が並ぶ。源頼朝が見つけたとされ、若山牧水ら多くの文人墨客が訪れた同温泉周辺が、首都圏最後の巨大事業といわれる八ツ場ダムの建設予定地だ。

市民団体「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」共同代表中村春子さん(64)は10年ほど前、千葉市中心部から約170キロ離れた同地を初めて訪れた。

「千葉に水を引くためにこの地を水没させるのは、都市部のエゴ」。そんな思いを抱いた。

国と関東6都県による同ダム事業は、事業費が4600億円。周辺工事費や利息を合わせると、計8800億円に上る。千葉の割り当ては総額760億円とされ、すでに324億円を支出したという。

    ■ ■

ダム構想が持ち上がったのは1952(昭和27)年。利根川流域に被害を及ぼしたカスリーン台風の教訓から、洪水軽減を図ろうと、利根川の支流の一つ、吾妻川で計画された。利水も含めた多目的ダムとされ、約550万人分の水を供給できる有効貯水量9千万立方メートルは、利根川水系で3番目の規模だ。

利根川の最下流部に位置する県は、治水と利水の両面で同ダムを必要として、事業に参加した。

86年の基本計画では、事業費は2100億円で、00年に完成する予定だった。だが水没地の住民の生活再建や物価の変化、工事の難しさなどで費用がかさみ、工期もたびたび延ばされた。昨年9月、完成予定が15年度に先送りとなった。道路や線路の付け替えといった付帯工事が進められるが、ダムの本体工事は始まっていない。

県が昨年9月に発表した長期水需給調査は、同ダム完成を想定し、20年度、需要を1日あたり238万立方メートル、供給を同266万立方メートルと試算し、供給が需要を上回るとした。しかし、県は、「10年に一度の渇水」(県水政課)を考慮した場合、わずかに需要が供給を上回るとして、同ダムの早期完成を求める。

「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」は、首都圏の水利用がここ10年横ばいの状況で、人口減なども考慮すれば、同ダムは不要だと主張する。千葉以外の5都県の市民団体と連携し、ダムへの支出中止を求め、知事らを相手に訴訟を起こしている。

訴訟は04年に始まり、弁護士約40人を擁する。だが、今でも「『群馬のダムがどうして千葉で問題なのか』とよく聞かれる」という。中村さんは、同ダムの是非を問う候補者が複数いる知事選に期待を寄せる。

    ■ ■

 熊本県では昨年、新知事の判断でダム計画が休止となった。また今年に入り、滋賀県のダム建設をめぐって、同県や大阪府、京都府が国に反対を突き付けた。

 県の担当者は「八ツ場ダムは国の事業という大前提がある。すでに着工している橋脚や道路などを途中で止めて、ダム建設に合意した地元の人たちの生活はどうなるのか」と話し、中止は非現実的と顔をしかめる。一方、中村さんは「水不足ではないのに、ほかの県の自然を破壊してまでダムをつくる必要はない。勇気と英断をもって撤退する知事を選びたい」と話す。

STOP八ッ場通信9号P6【国有林『鬼泪山(きなだやま)』から山砂を取る。エッまた山が消える】 

STOP八ッ場通信9
+ 紙面上をクリックすると拡大します

マザー牧場のそばの浅間山が山砂とりでつぶされたと思ったら、こんどはすぐ隣の鬼泪山をつぶし、山砂、1億立方メートルを50年がかりで首都圏に運ぶという。
国有林は県民の財産、51億のお金になるというが、50年後に何が残るというのか、自然を金に換えて住民は果たしてそれで幸せかと聞きたい。

 とった後には植林をするというが、他の山砂採取の跡地に植えた木はみな枯れている。森にしても山にしても何百年、何千年かかってその形ができたもので「とりました」「はいできました」というわけには行かないことは周知のこと。

 大体この話は平成20年9月3日にきなだ国有林同業会その他産廃業者の請願書が審議委員でもある県議4名をとおして、県議会に出されたことから始まった。
県には土石採取対策審議会というのがあってその審議会で通れば鬼泪山の山砂採取は決まるという。委員のメンバーは、学者4人、県議5人、業界から5人、商工労働部長と15人で、自薦、他薦で、8月には任期が終わるという。

 先日、1月27日第1回の土石審議会が県庁のそばの自治会館で開かれた。120人傍聴ができるということだったが、会場にはなんと160人もの傍聴者が集り、立ち席まで
できた。

 1回で決まることではないのだが、国有林を守ろうとあちらこちらからたくさんの人が集まった。富津から選出の吉本議員は「山砂採取のあとに残土をいれるとか、飲み水がなくなるとか、そんな風評で被害を受けている」といっていたが、何が風評だとみな憤慨して聞いた。
ほんとのことではないか。第2回の審議委員会は現地見学とか5月頃とかまだ日は未定でした。

 業者がちばぎん総合研究所に委託して作らせた鬼泪山国有林の山砂採取の調査報告書が土石審議会に提出されていたが、地場産業優先という業者よりの見解ばかりのっていて、環境保全の視点はゼロ。とても「資料」の名前には値しない。

 道路にも空港にも、また建築にもよいコンクリート作りのための山砂取り。50年後、それよりない千葉県の未来はあまりにも暗い。みなで鬼泪山を守り明るい未来を作りましょう。

残土・産廃問題ネットワーク・ちば   井村弘子


【八ッ場ダムをストップさせる千葉の会】サポート会員・カンパ・ボランティア募集中!

千葉県知事選挙立候補予定者への公開質問状回答 

設 問吉田たいらさん八田英之さん
八ッ場ダム計画はすでに治水と利水の両面で必要性がなくなったという指摘がなされています。
八ッ場ダム計画の必要性についてどのようにお考えですか?
必要性がない必要性がない
ご意見千葉県の水需給予測、及び河川整備の点からみて、利水、治水の両面から必要ないと考える 
国に対して八ッ場ダム計画の見直しを求めますか?見直しを求める見直しを求める
千葉県として八ッ場ダム計画からの撤退を検討しますか?撤退を検討する撤退を検討する
撤退した場合でも、ダム計画で影響を受けた計画地住民の生活再建支援は必要だと思いますか?生活再建支援は必要生活再建支援は必要
ご意見ダム建設にほんろうされてきた地元の生活再建支援は必要である、法整備を急ぐべきである国の責任において・・・
住民や地元自治体の声を良く聞いて行うべきと考える
八ッ場ダムのように、大規模かつ長期化いている公共事業について、計画の中止や、見直しを求める住民意見を反映する仕組みづくりが必要であるとおもいますか?必要である。
とくに八ッ場ダムのように国の直轄事業は地方にいや応もなくおしつけられ、費用負担を求められるものである。地方分権及び河川法の趣旨に照らし合わせて、住民意見を反映させる仕組みを作るべきである
必要だと思います

◆一括で回答された方々

白石ますみ さん
厳しい県財政再建の道筋をつけていくためには、子供達の世代にツケを残さないよう、将来の県民増を避けることを第一に考え、安易な財政拡大を防止するとともに、優先順位の設定、厳格な事業選定を行っていくことがひつようであると考える。
ご質問の八ッ場ダム事業については、治水、利水の観点から事業の必要性は理解できるところであるが、ただ、闇雲に事業を進めるだけでなく、時代のニーズや進め方を検証した上で、事業費の削減など必要な見直しについても考えていくことも必要であると考えている。


森田健作 さん
この問題は千葉県単独の事業ではないため、関係都県との調整が必要。
また全体の建設費が9000億円、千葉県の負担金も780億円に及ぶことから、関係都県と協議、検討した上で対応を考えるべき。


ご回答いただけませんでした。

西尾憲一 さん
締め切りの3月5日までにご回答いただけなかったため、翌6日、事務所にご連絡し、7日午前中までお待ちするむね、お伝えしたが、回答はなかった。

STOP八ッ場通信9号P5【現地は、今】 

STOP八ッ場通信9
+ 紙面上をクリックすると拡大します

 八ッ場ダム反対の機運が盛り上がる中、ダム推進側による“地元の要望”を前面に出す作戦が、このところ顕著になっている。
昨年12月、群馬県庁ではダム推進陣営を総動員した決起集会が開かれた。
参加者は、県議会の与党全議員、地元周辺自治体の執行部、水没予定地の役員、そして関東地方整備局の部長、現地事務所長ら国交省職員、副知事をはじめとする県庁職員だった。

 年が明けて1月、地元選出の小渕優子大臣が現地視察を行った。こうしたダム推進の大合唱にもかかわらず、ダムの関連工事は大幅に遅れている。
国交省は本体工事の入札を開始したが、本体着工の前提である付け替え国道・鉄道の建設、水没予定住民の代替地は、完成の見通しが立っていない。
小渕大臣は付け替え国道建設を目指す上信自動車道建設促進期成同盟会の会長でもある。付け替え国道の建設はダム関連事業の目玉として1996年に始まり、来年度完成の予定だが、進捗率は6割に達していない。
しかも進捗率の計算は、着工のみで完成済みでない区間も含むため、実態は5割以下とされる。
工事遅延は地質や計画の杜撰さなどによるものだ。
川原湯では一般住宅の代替地への移転が始まったが、温泉街再建のメドは立っていない。

 「地元はダム推進」といわれるが、地元の状況は複雑だ。現地を見れば、自然が傷ついていることは一目でわかるが、地元の人は「心の破壊」「人間関係の破壊」がより深刻だという。
ダム計画の長い歳月を経て、地元は今や国交省の植民地と化している。

 代々住み暮らしてきた土地、心を育んできた自然を破壊し、悪行のかぎりを尽くすダム行政の只中で暮らしている人々の怒りが表立って語られることはない。
八ッ場にかぎらず、ダムに故郷を奪われた人々の悲しみ、怒りが、その人々自身によって語られたことは、今まで殆どないのではないだろうか。
ダムは憎い、けれども生活が立ち行かなければどうにもならない。
ダムを中止して、その後、国はどうしようとしているのか、野党の政策が見えないのが不安だ、という声をよく聞く。

 計画から57年目にして、八ッ場は大きな転機を迎えようとしている。ダムに関わりがありながら、地元の人々の犠牲に目を向けてこなかった都市住民の側から、ダム中止後の生活再建支援への政治の取り組みを求める必要があると思う。

八ッ場あしたの会 渡辺洋子



【八ッ場ダムをストップさせる千葉の会】サポート会員・カンパ・ボランティア募集中!

STOP八ッ場通信9号P4【市民の権利を認めない千葉県代理人】 

STOP八ッ場通信9
+ 紙面上をクリックすると拡大します

この裁判も提訴から4年、6都県のうち東京、水戸、前橋が最終弁論を終えた。
千葉裁判も17回の弁論を終え、研究者、専門家の証言、何回もの現地調査、情報公開などによる膨大な資料の分析により、八ッ場ダムの「ウソ」がはっきり見えてきている。

 しかし、千葉の場合まだまだ結審にはならない。
原告側証人尋問に対して、被告千葉県の代理人である伴弁護士はその場で反対尋問をいっさいしない。
反対尋問権の放棄をしながら、後から国の意見書として反論を出すなど数々のルール違反をしてくるので、その対応をしなければならないからだ。
ひとつが裁判長も認めている国土交通省関東整備局長菊川氏の証人尋問。もうひとつは、6月から証人申請をしている堂本知事に対する尋問。
ダム建設計画による環境破壊・アセスメントの不備について・生物多様性に関しては専門家としてどう考えるのか。また地方公共団体は「最小の経費で最大の効果を上げるようにしなければならない」と定めた地方財政法に違反した違法行為であることの認識を問わねばならず、これも残っている。
そして7月の原告側証人である嶋津さん、県議で日々官僚の「あいまいさ」や「ごまかし」を実感している大野さんに対して、その場で反対尋問もせず後から認識が低いと素人呼ばわりをした書面を出しているが、それに対する再反論もしなければならない。だからまだ千葉は終わるわけにはいかない。

民主主義がない

それなのに、千葉県は昨年12月26日、早く裁判を終えるようにと「弁論終結の上申書」を裁判所に出してきた。
そもそも裁判の始まりから被告側伴弁護士は「国の政策に対して住民がとやかく言う権利はなく、この裁判は住民訴訟の対象にはならない」とすぐにでも打ち切ることを求めていたが、裁判所の主導で原告の「八ッ場ダムはムダな事業だ」が裁判の主題になってきたのであった。
上申書には
①実体審理を経るまでもなく終結されるべきもので、原告にご理解いただくために説明してきた。
(裁判に値しないのに付き合ってきた?)
②原告が主張している国側の証人と知事への証人尋問は訴訟遅延を目的とした攻撃的防衛方法である。
(こちらの書面はずっと前に出ているにもかかわらず伴弁護士がその場で反対尋問ができなかったからであり、知事は生物多様性を自らの政策として誇っているのだから公の場で発言すべきである。)
③今まで出したお金がムダになる、原告は県に対して損失を被れとしている。
(今止めなければもっと巨額なムダになり、取り返しのつかない環境破壊と多大な負債と水道料金の負担など次の世代に大きな負の遺産を残すことになる。)
そして極めつけは、
④県民615万人のうち、行政を左右する正統性や権限をもっていない(たかだか)51人の原告が国の事業の責任者や知事を呼び出し、行政執行を糾弾しようなど誇大妄想だ。
とまで言っている。
いったいいつの時代の話か、民主主義はどうしたのか。主権者は住民である。民主主義の執行者である行政の言うべき言葉ではないことを弁護士である伴氏も県知事ほか県職員は分かっていないのであろうか。この発言は許せる話ではないと思う。

 原告側弁護団は全体で38人、忙しい中皆手弁当であるが、伴弁護士は訴訟手付金として千葉県だけで被告1人300万、3人だから900万円を得ている。
だからきっと姑息な手段、アンフェアーの限りをつくして県に誠意を尽くしているのか、原告は納税者でもある。行政の代理人にしては品位がなさすぎる。

中村春子



【八ッ場ダムをストップさせる千葉の会】サポート会員・カンパ・ボランティア募集中!

千葉県知事候補予定者への「公開質問状」 

千葉県知事選挙立候補予定者         様
2009年 2月28日
「公開質問状」
八ツ場ダムをストップさせる千葉の会
代表 中村春子・村越啓雄

 私たちは「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」といい、利根川流域一都4県の「八ツ場ダムをストップさせる会」と協力して八ツ場ダム建設を中止にする活動を続けている任意団体です。

 八ツ場ダムは計画から53年が経過するも、未だ周辺工事も完成せず、本体工事に着手できていません。工期は何度も延長され、建設負担金も大幅に増額されて、予定の平成27年完成も危ぶまれ、また工事の延伸に伴い負担金の増額要求が生ずるのではないかと危ぶまれています。

この八ツ場ダムについて、2004(平成16)年に6都県で住民監査請求を行い、その後千葉・東京・浦和・水戸・宇都宮・前橋の各地裁にて住民訴訟が行なわれています。 千葉県では、千人を越える規模で住民監査請求を行い、「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」を発足し、原告51名、弁護団35名での住民訴訟を支援しています。すでに18回の裁判を終え、毎回傍聴席はいっぱいで社会の関心の高さを示しています。
裁判では、治水・利水・環境・財政の専門家、千葉県の担当責任者等5人の証人調べが行われました。他の地裁での証人調べもあわせて、貴重な証言から八ツ場ダムの問題点も次々と明らかになってきました。

そこで、今回千葉県知事選挙に立候補予定の皆さまに、八ツ場ダムについてのご意見を伺い、投票行動につなげたいと思います。
つきましては、お忙しい中で恐縮ですが、以下の質問にお答えください。 
なお、ご回答は「八ツ場ダムをストップさせる千葉の会」およびリンクする各団体のホームページに掲載し、会報・メーリングリストに載せます。
また、マスコミ各社にもお知らせいたしますので、ご了承ください。
選挙の期日が迫っておりますので、恐れ入りますが3月5日(木)までにファックスにてご回答いただくよう、お願いいたします。

ご回答 宛先   八ツ場ダムをストップさせる千葉の会 事務局
             F A X  043-489-0797
               電 話    043-486-1363
            HP http://yanbachiba.blog102.fc2.com/



千葉県知事選挙立候補予定者         様
                       
八ッ場ダムをストップさせる千葉の会
代表  中村 春子・村越 啓雄

               
公開質問状
                          
千葉県が事業参画している八ッ場ダム計画について、県知事選挙に際し、立候補予定者であるあなた様の見解を明らかにしていただきたいと存じます。
つきましては、下記質問について、ご回答くださるようお願いいたします。
該当番号を○で囲み、ご意見があれば(  )内に記してください。(   )
におさまらない場合は、別紙に記載してください。
           

          記入者のお名前をお書きください          


(Ⅰ) 八ッ場ダム計画はすでに治水と利水の両面で必要性がなくなったという指摘がなされています。八ッ場ダム計画の必要性について、どのようにお考えですか?

     A 必要性がない     B 必要性がある
       (⇒☆1・へ)      (⇒☆2・へ)

ご意見
(                             )



☆1.A 必要性がない とお答えになった方にお聞きします。
 
   ① 国に対して八ッ場ダム計画の見直しを求めますか?
    
    A 見直しを求める    B 見直しは求めない



② 千葉県として八ッ場ダム計画からの撤退を検討しますか?
     
A 撤退を検討する    B 撤退は検討しない
   
③ 撤退を検討する とお答えになった方にお聞きします。
    
    撤退した場合でも、ダム計画で影響を受けた計画地住民の生活再建
   支援は必要だと思いますか?
     
     A 生活再建支援は必要  B 生活再建支援は不要
   
   ご意見
    (                             )

   
☆2.B 必要性がある とお答えになった方にお聞きします。

2015年の完成を目指す八ッ場ダム計画ですが、現状の進捗では工期どおりの完成は難しく、これにより事業費の増は避けられないといわれています。この点に関するご意見、ご見解を記してください。


(                              )


(Ⅱ) 八ッ場ダムのように、大規模かつ長期化している公共事業について、計画の中止や、見直しを求める住民意見を反映する仕組みづくりが必要であると思いますか?ご見解を記してください。


   (                              )


以 上
  ご協力ありがとうございました。

送付先  FAX:043−489−0797

千葉県知事選立候補予定者5名に「公開質問状」 

知事選立候補予定者5名に、「公開質問状」を提出して3月5日までの回答を求めた。


27日午前中に、折からの雪の中でしたが、幹事が各事務所を訪問し、責任者に別紙の「公開質問状」、八ッ場ダムのパンフ2種、ヤンバ ヤメンバをつけて、手渡しました。公開質問状は相当数が出されていると、各陣営の責任者の言でしたが、具体的な数などは明かされませんでした。

  1. 吉田たいら事務所 千葉市中央区中央3-18-3 のビルの1階。事務所は40名ほどの方々が折り込みなどの作業をしている傍らで、責任者に回答を依頼しました。
  2. 森田健作事務所 千葉市中央区中央3-16-5 のビルの1階。事務所の奥まった応接室に通され、責任者代理に回答を依頼しました。
  3. 八田ふさゆき事務所 千葉市中央区本町3-7-5 のビルの2階。事務所は清潔な雰囲気で、仕切りの向こうで電話の声が聞こえているなかで、責任者に回答を依頼しました。
  4. 白石ますみ事務所 千葉市中央区中央4-13-13 のビルの1階。事務所では地方議員が何組かソファーで歓談している横で、責任者に回答を依頼しました。責任者は、政策を一括して表明する形で回答する、とのことでした。
  5. 西尾憲一事務所 船橋市夏見2-13-36事務所は、船橋駅からかなり離れているとのことなので、FAXで送付し、到達していることを責任者に電話で確認しました。