スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党、腰を上げ動き出す 

民主党もようやく具体的に動いてきました。
読売新聞群馬版2008年8月19日の記事をご紹介します。

【2008年08月19日 読売新聞群馬版】
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20080819-OYT8T00045.htm
民主党の鳩山由紀夫幹事長は18日、同党の国会議員約15人と長野原町の八ッ場ダム建設予定地などを視察した。
鳩山氏は視察後の記者会見で、2005年の 衆院選に続き、次の衆院選でも政権公約に同ダム建設計画の「中止」または「凍結」を盛り込む考えを表明した。
一方、会見に先立って、鳩山氏と意見交換した長野原、東吾妻の両町長は計画を支持する立場から同党の方針に反対を表明、早期完成を求める要望書を提出した。
 記者会見は八ッ場ダム広報センター「やんば館」で開かれ、鳩山氏は「福田首相のおひざ元で無駄な事業が行われているのは看過できない。我々は(計画を中止させたうえで)住民の生活再建のための立法化を目指す」などと述べた。

 鳩山氏は視察前、長野原町の川原湯温泉「やまきぼし旅館」で、同旅館を経営する樋田省三さん(43)ら住民2人と、同町の高山欣也町長、東吾妻町の茂木伸一町長ら計5人と意見交換に臨み、ダム建設計画に反対する意向を伝えた。
 これに対し、樋田さんら住民は直接賛否を示さなかったが、「私たち住民は政治に振り回され、疑心暗鬼になっている。とにかく安心して暮らせる場所と生活をできるだけ早く整えていただきたい」と訴えた。
 鳩山氏は「生活再建の重要性は十分認識している。陳情を深く受けとめ、対策を考えていきたい」と応じていた。
 樋田さんは終了後、記者団に「建設計画の推進か中止かは、今さら問題ではない。生活再建を支援してくれるなら、いつまでに、どのように支援するのか具体的に説明してほしい」と語った。
 鳩山氏の視察は約1時間半。国土交通省八ッ場ダム工事事務所の職員の説明を聞きながら、「費用対効果が疑問だ」「堤防で代用できないのか」などと質問していた。

(2008年8月19日 読売新聞)
スポンサーサイト

オンブズマン全国大会@千葉で八ッ場問題 

第15回全国市民オンブズマン千葉大会 2008 が8月30~31日に千葉市で開催されます。
30日実施の5つの分科会の1つ「公共事業分科会」で、シンポジウムでは公共事業の欺瞞と運動の成果を議論することとなり、八ッ場が取り上げられることになりました。
「八ッ場ダムをストップさせる千葉の会」では、06年12月、危険性についての原告陳述で、張りのある声で法廷を驚かせた武笠が千葉の原告からパネラーとして出席します。
シンポジウムのタイトルとパネラーは次の通り
1)「森林事業組合」ー札幌・市川(弁) 
2)「仙台地下鉄」ー仙台・斉藤(弁) 
3)「新幹線栗東新駅」ー吉原(弁) 
4)「有明干拓」ー馬奈木(弁) 
5)「八ッ場」ー武笠

以下は「第15回全国市民オンブズマン千葉大会」のお知らせです。

「オンブズがチェンジさせっぺ、地方議会」
8月30日(土)午後1時~
31日(日)午前9時~
会場:ホテルグリーンタワー千葉(JR千葉みなと駅からシャトルバスあり)
参加費:5,000円(資料代込み、貴重な資料集がつきます)
オンブズ2008
↑ポスターはクリックで拡大します

全国大会は今年で15回目の節目を迎え、この夏、千葉市内で開催することになりました。
全国で活動しているオンブズマンが一堂に会し、講師による記念講演、各地の活動報告のほか、新しい企画として「初めての市民オンブズマン」(入門編ABC)を開きます。また、懇親会では全国のオンブズマンと自由に意見交換をすることができます。初心者の方にも専門知識がある方にも、ご満足いただける内容です。大勢の皆さんの参加を実行委員一同、お待ちしています。

オンブズ2008
↑ポスターはクリックで拡大します

【オンブズ千葉大会 タイムテーブル】
8月30日(土)
13:00    開会
13:05~13:15 実行委員会挨拶+基調報告
13:15~14:00 議会調査報告
14:00~14:15 包括外部監査表彰
14:15~15:30 記念講演 新藤宗幸
15:30~15:45 移動・準備
15:45~17:45 【分科会】①談合②公共事業③議会改革
       ④監査制度⑤初めての市民オンブズマン入門編
18:00~20:00 【懇親会】参加費別途5.000円

8月31日(日)
9:00~10:00分科会報告
10:00~11:30各地からの報告
11:30~12:00提案、決議、大会宣言
13:15~16:00活動報告会・交流会(番外編・別会場)


■主催
全国市民オンブズマン連絡会議
全国市民オンブズマン千葉大会実行委員会

いよいよ証人尋問!8月26日、9月16日、10月7日 

皆さま、八ッ場裁判がいよいよ佳境に入ります。

証人尋問が8月26日と9月16日、10月7日(未定)に行われます。
今までは準備書面によるやりとりで、パワーポイントによる原告側陳述をのぞけば、アッと言う間に終る裁判でしたが、証人尋問は違います。
原告側と被告側が証人に対して丁々発止とやりあう、裁判らしい裁判です。
すでに東京で証人尋問が2回行われましたが、大変見ごたえのある内容でした。
ぜひとも大勢の方が傍聴においでくださいますよう、ご案内申し上げます。

千葉地裁
8月26日 午後1時より
 1.嶋津輝之 証人(原告側90分、被告側なし)
 2.大野博美 証人(原告側40分、被告側10分)
 3.県河川整備課の職員(治水に関して)
    原告側30分、被告側50分

9月16日 時間未定
 1.県水道局職員
 2.県工業用水職員
 3.県水政課職員

10月7日(未定)
 堂本あき子知事!!!
千葉県の財政状況や八ッ場ダムへ参画する意義など、知事でしか分からない重要事項を尋問する必要があると考え、原告側は現在、堂本知事を証人喚問するよう、裁判所に対して要請する署名活動を行っています。署名よろしくお願いします。

(文責 大野博美)

STOP八ッ場通信 8号P4【全国市民オンブズマンの大会が千葉市で開催】ほか  

+ 紙面上をクリックしていくと、等倍まで拡大します
会報8-4

【全国市民オンブズマンの大会が千葉市で開催】
 全国の市民オンブズマンが集う大会が、8月30日(13時開会)、31日に千葉市(ホテルグリーンタワー千葉)で開かれます。

 八ッ場の会と市民オンブズマンとの関係は、統一弁護団の高橋、大川、谷合、廣田、五来さんや、千葉弁護団の菅野、広瀬さんがオンブズマンの弁護士であること、オンブズマンから寄付された基金が八ッ場闘争の活動資金源泉になっており、切っても切れない関係なのです。

 このオンブズマンの大会(第15回 全国市民オンブズマン千葉大会)では、分科会の一つ、公共事業分科会で全国の公共事業阻止に取り組んできた経験を披瀝して、STOP八ッ場ダムの取り組みを一段と加速するべく、シンポジュームで議論されます。八ッ場統一弁護団の廣田さん、谷合さんの司会で千葉の原告からも参加し、八ッ場の取り組みがオンブズマンの視点でパネラーによって活発に討論されることでしょう。会場からの発言も可能とのこと。皆さんの参加をお願いします。 
 (村越啓雄)

【次 回 裁 判 日 程- -第16回裁判- -】
日時:2008年8月26日(火)13:00~
場所:千葉地方裁判所301号法廷
集合:12:30 傍聴者は千葉地裁法廷前に集合


【お知らせ】
■シンポジウム「ダムに負けない村 第2弾 
 -八ッ場から地域の再生を考える-
日時:2008年9月15日〔祝〕
   午後1時~4時45分(12時30分開場)
会場:東京大学弥生講堂一条ホール
コーディネーター:森まゆみ(作家、地域雑誌「谷根千」編集人)
パネリスト:阿武野勝彦(東海テレビ放送ディレクター)、大和田一紘(NPO法人多摩住民自治研究所副理事長)、佐藤守正(新潟県湯沢町会議員)、嶋津暉之(水問題研究家)、神野直彦、(東京大学大学院経済学部教授)、関口茂樹(群馬県議会議員)ほか
参加費:1,000円

■第2回証人尋問
 9月16日(火)午後1時~5時 
 被告側証人 千葉県職員(利水面での担当者)

■八ッ場ダム訴訟4周年報告集会
日時:2008年11月30日(日)午後1時30分~
会場:日本青年館 地階中ホール
内容:田中康夫氏の講演、裁判の進行と今後の展望、各地からの報告、その他

■署名活動にご協力ください!
1)堂本知事を証人採用するよう裁判所に求める署名
 (8月22日締め切り。事務局までお寄せ下さい)
2)八ッ場ダム事業を見直し、水没予定地域再生のための法整備を求める請願書を国会に提出するための署名

【編集後記】
 私たちはこの裁判でまずは都や県を訴えているが、最終的には高裁の場に国を呼び出し、八ッ場ダム事業の虚構を明らかにしたいと考えていた。
そうしたら、早々と水戸地裁で原告側が申請した国の元河川部長を証人と認め、7月15日原告弁護団による尋問が行われた。
よくしゃべるが、重要なことは絶対言わない。
次回は、利根川治水の第一人者である新潟大学の元教授大熊先生が原告側証人として国に反論する。今、原告弁護団、研究者、原告が国のギマンを打ち破るために日夜努力している。
 最初のころ、この裁判を住民訴訟に値しない「住民訴訟の濫用」だと、被告弁護士は中身の議論に入らせず、2、3回で却下することを求めていた。
しかし、いつも法廷を満席にする住民の熱心さ、原告の主張の妥当性も考慮されていると思うが、裁判所は地裁でできることはきちんと地裁で審議する態度を示している。
千葉地裁の場合、あとは堂本知事を証人として認めてくれることだ。
原告意見書と1500人余りの住民の「ぜひ堂本知事の証人尋問をしてほしい」との署名を届けていることですし・・・            
  (中村春子)

【八ッ場ダムをストップさせる千葉の会について】
「千葉の会」とは?
2004年9月、千葉県に対し住民監査請求を行う請求人を募集した際、その取りまとめを行ったメンバーにより発足。
関係6都県にも同様の会があり、八ッ場ダム建設事業を中止させることを目的に、情報交換しながら共に活動中。この6団体の連合体が「八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会」です。

入会のお誘い
この裁判を勝ち抜くためには大勢の力が必要です。「千葉の会」に入会し、ぜひ継続的ご支援を下さいますようお願いします。
会員の皆様には裁判期日やイベント情報などを掲載した会報をお届けしています。会費は1口1,000円、何口でもOKです。
八ッ場ダムをストップさせるまで一緒にがんばりましょう。
*会費・カンパは以下の郵便局口座にお振り込み下さい。
*通信欄には会費・カンパの別、(連絡経費節減のため)FAX番号やメールアドレスもご記入下さい。

八ッ場ダムをストップさせる千葉の会
振替 00120-5-426489

STOP八ッ場通信 8号P5【ちば弁護団かたる--広瀬理夫さん】第3回  

+ 紙面上をクリックしていくと、等倍まで拡大します
会報8-5

1 生い立ち
私は、大阪府泉南郡(現在の関西空港の対岸)で4人兄弟の二番目として生まれました。
実家が新聞販売店をしていたこともあり、小・中学時代に新聞配達を手伝わされました。
その時、大きく立派な家に住みながら新聞配達の子供に威張り・冷たい態度を取る人と公営住宅に住みながら、私が配達に行くといつもやさしく声をかけてくれ飴玉をくれるおばあさんの存在を知り、人は見かけによらないものだと感じました。
このときの肌で感じた経験が、その後の私の生き方に大きな影響を与えているようです。また、当時身近に在日の人たちや被差別部落の人たちがいたこともあり、社会問題に関心を持っていました。
そして、中学3年生のときに習った憲法前文や9条の素晴らしさに感動し、このような憲法を生かせる仕事として法律家に憧れました。

2 弁護士になったきっかけ
その後、大学時代は、学園紛争の盛んな時代で、私もノンセクト学生としてデモやストライキに参加していましたが、卒業後、裁判所に3年間就職するなどした後、司法試験に合格し、法律家の道を歩むことになりました。
弁護士になったのは、身の回りの差別や不公平に対する憤りとそれらを正すことの出来る職業と思ったからでした。

3 弁護士としての主な活動
弁護士になってからは、山梨県の北富士演習場に異議を唱える忍草入会組合(忍草母の会)の方たちの運動に協力・支援したり、在日朝鮮・韓国人の人たちや中国残留孤児やその家族の支援、ニューカマーと呼ばれる東南アジアを中心とする外国人の方の事件に携わってきました。

4 八ツ場ダム訴訟との出会い
また、私は市民オンブズマン活動にも関心があり、千葉県市民オンブズマン連絡会議にも参加しておりましたところ、菅野先生や村越さんから、八ツ場ダム訴訟の話を聞き、参加することになりました。

5 八ツ場ダム訴訟について
参加して、事実を知れば知るほど「何故、このような酷い税金の無駄遣いや環境破壊が許されるのか」という疑問と、事実を隠して、このような事業を推し進めようとする官僚などに対する憤りが強くなってきています。
今、皆さんもご存知のように、この訴訟も大きな山場を迎えています。千葉地裁ではもちろん、東京、水戸、前橋などでも証人尋問が進んで、早いところでは年内にも裁判所の判断が出ることが予想されています。
これまでにもまして、みんなの力を集中して、全面勝訴まで頑張りましょう。

STOP八ッ場通信 8号P2~3【証人尋問いよいよ始まる --東京の裁判を傍聴して】  

+ 紙面上をクリックしていくと、等倍まで拡大します↓
会報8-23

 6月20日、各地から傍聴者が押しかけ、90の傍聴席では足りず、椅子を補充しやっと全員入ることができた。
 都の水行政に長年携わった嶋津暉之さんは、東京の水あまりの実態をパワーポイントを使いながら証言した。
「八ッ場ダムへの参加は全く必要ありません」とキッパリ発言。心の中で拍手喝采。被告側弁護士による反対尋問は、時間つぶしとしか思えない質問に終始した。
都の4つの浄水場で働いていた遠藤保男さんは、まず「都には原水を大切にしようとする姿勢が全くない」と現場での感想を述べた。
やればできる対策を採らず今だに改善されない水質の話や再開されない玉川浄水場の話には呆れた。
玉川浄水場を再開しないことと実際に使われている多摩地区の地下水を水源として認めないのは、「八ッ場ダムができるまでの人質」だそうだ。
またXデーなるものがあり、1日最大配水量を実際より大きくみせるために前の日に配水池の水量を減らしておくなどの操作をするという。
反対尋問はなし。後で聞くところによると、「Xデーについて証拠はあるのか」と聞かれたときに出す証拠をもっていたとか。敵はそのことを知っていて反対尋問をしなかったのか?
 被告側の証人としては、都水道局で水需要予測をやってきた職員が登場。只野弁護士の反対尋問がみごと被告側のおかしさを浮き彫りにした。
証人は一日最大配水量の予測が実績と乖離していることは認めるが、「過大ではない」「予測手法は間違っていない」と主張。
何回も予測をやり直しているのは「前の予測が正しくなかったからではない。
結果的にそうなった」等々、何度聞かれても同じ答えしか返ってこない。
まっ、当たり前か。「みごとな忠誠心」(広田弁護士曰く)のなせる業ということか。

千葉でも8月26日、9月16日に証人尋問がおこなわれる。ぜひ傍聴を!

(服部かをる)

各地の裁判、現状と今後の予定
千葉:
千 葉 地 裁
8月26日 13:00
301号法廷
12:30集合



9月16日 13:00
堂本知事の証人喚問要求は、全ての証人調べを終わった段階で裁判所が判断する、と決定。
嶋津暉之(元東京都環境研究所職員/利水。長年の研究経験から八ッ場ダム不要論と、建設計画の欺瞞性全般を証言の予定
大野博美(県議/県議会内外の当局の説明と不当性について証言予定)
県河川整備課企画政策室長(治水)
県水政課計画室長(利水)、企業庁工業用水施設整備課長(利水)県水道局水需要予測担当課長(利水) 
東京:
東 京 地 裁
7月30日 13:30 大熊孝(元新潟大学教授/治水。利根川治水の第一人者
第1級の研究者として、永年の研究実績から八ッ場ダム不要論を証言予定
東京は、6月20日に加え、この日で証人調べは終了。まもなく結審か?
茨城:
水 戸 地 裁
7月15日 10:00
7月29日 10:00

河崎和明(元国交省河川部長/治水)を証人尋問、治水計画の欺瞞性を追及。
大熊教授(元新潟大学)ー治水について・・尋問概要は東京と同じ
柏村忠志(土浦市議/利水)、根本雅博、仙波操(県職員/利水)
群馬:
前 橋 地 裁
9月5日 13:30
10月3日 13:30
花輪伸一(WWF/環境)、奥西和夫(京大名誉教授/地すべり)
坂巻幸雄(技術士/ダムサイト地盤)
嶋津暉之(利水)、伊藤祐司(元群馬県議/利水)
埼玉:
さいたま地裁
9月3日 11:00 口頭弁論、証人採否決定
栃木:
宇都宮地裁
10月9日 11:00 証人喚問に向け請求中


























八ッ場ダムバスツアーの報告はこちら↓

【川原湯温泉で足湯に入りながら考えた】

【八ッ場ダム訪問記】

 

 

STOP八ッ場通信 8号P1【8月26日(火)午後1時~ いよいよ証人尋問!傍聴席を満席にしよう!】  

8月1日、STOP八ッ場 会報8号が発行されました。
+ 紙面上をクリックしていくと、等倍まで拡大します↓
会報8-1

千葉地裁402号法廷に駆けつけて下さい!
2004年秋、八ッ場ダム事業に対する住民監査請求の却下・棄却を千葉県から言い渡され、それを不服として私たち原告は住民訴訟を提起しました。
2005年3月11日の第1回裁判から前回6月10日の第15回裁判まで、実に4年が経過しています。
この間、ご尽力いただいている弁護団の皆様に改めて感謝申し上げます。
この裁判は、当初、「中味の問題に入る前に終了となるのでは」と危惧されたほど、技術的に難しく前代未踏の裁判です。
「財務会計行為上の違法性」という高いハードルを乗り越えるために、一都五県の弁護団の総力を結集し、ようやく証人尋問までたどり着きました。
原告側も毎回の裁判で傍聴席を満席にするように努力し、街頭活動やイベントの開催を通じてこの問題を訴えてきました。
裁判所に県民の関心の高さを示すことができたと思います。
これまでの長かった第一ステージから、次の証人尋問へ。いよいよ正念場です。

なぜ八ッ場ダムは必要なの?堂本知事本人から直接聞きたい!

7月に開かれた2回の進行協議では、証人の採否が話し合われました。
被告側の弁護士は「証人尋問は不要」と一貫して主張していますが、裁判所は原告側の求めにほぼ応じる形で証人を採用しました。
その結果、2期日にわたって証人尋問が行われます。
最初の8月26日は、嶋津暉之さん、大野博美さん、県の治水担当者が証言台に立つことになりました。
嶋津さんは各地裁で利水面での証言を一手に引き受け、科学的なデータに基づいた緻密な分析から八ッ場ダムの不要性について、実に説得力のある証言を行ってきました。
千葉地裁での証言が楽しみです。
大野さんからは、県が危機的財政状況にありながら、国の言うがままに八ッ場ダムに巨額の税投入を行っている問題点が明らかにされると思います。
9月16日の午後1時からは、利水面での被告側証人として、県の水政課、企業庁、水道局の担当者の尋問を予定しています。
しかし、何よりも私たちが求めているのは、県の最高責任者である被告堂本知事の証人喚問です。
私たちは、裁判所に知事の証人採用を求める署名活動を行い、現在、1500筆に及ぶ賛同が寄せられています。
裁判所は2回の証人尋問を終えてから、知事の証人採用を判断するとしています。
多くの県民の声を裁判所に届けたいと思います。引き続き、ご協力をよろしくお願いいたします。             
(入江晶子)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。