第2回裁判の記録 

日時:2005年5月27日(金)10時~11時
場所:地方裁判所 301 法廷
集合:9時半 千葉地裁玄関前集合して入廷。

被告の答弁が行われました。約50名の方々が傍聴し、
市民の関心の高さを示しました。前回同様 裁判の後、説明会を開き
裁判所でのわかりにくいやりとりの解説、そして意見交換が行わました。
場所:弁護士会館  
内容:弁護団からの説明、質疑応答、各地の状況報告、八ッ場ダム視察旅行の報告

第2回裁判記録 

小高い山頂から展望した吾妻渓谷。右上に国道が走り、そのさらに右上にJRの線路が見える。ここをすべて湖底にするのか?
yambasight.jpg

 5月27日午前10時30分、傍聴者は千葉地裁の一番広い301号法廷を埋めつくす50名だった。しかし被告側の陳述だったので審理は呆気なく10分ほどで終った。

 終わって弁護士会館へ。菅野弁護士から解説していただいた。被告(千葉県側)は20日と23日に陳述を書状で提出。裁判官は陳述の内容が書状の通りで良いかと確認し、被告はその通りと答え、原告側にも渡されて閉廷したとのこと。裁判とはそんなものらしい。

 ただ、私たち原告にとって一番心配だったのは、裁判が実質審理に入る前に、提訴内容が、法的要因を満たしていないと言う理由で却下されることだった。しかし、今回のやりとりでは、被告側が事業計画の内容に立ち入って、八ッ場ダムの利水/治水上の論争に入ったので良かったという評価だった。不毛な入り口論争に終わることなく、これから核心論争に入る。一部、却下があったが、告発相手が違ったというような些細な手続きの誤りだったそうだ。

 その後、埼玉の氏家さんらが製作したスライドが上映された。加藤登紀子さんの歌が入り、八ツ場ダム阻止の経過と現状の「上巻」である。

 その後、嶋津暉之さんから5 月7日、8日と現地を踏査された感想を話された。吾妻川峡谷にある川原湯温泉街住民は340世帯、1100人ほどであるが、昭和40年代からの長期闘争で疲れ果てている。先頃、全員が移転調印をしたが、代替え地は「ずり上がり方式」と言われる、ダムの喫水線より上の土地。この土地の価格が高くて移転しても温泉旅館を建てる金がない。町の共同体が破壊され、土地を見捨てて出て行く人がいる。現地の人々をこうまで苛んで良いのかということが問われている。利水・治水に役に立たないばかりか、人権問題を含んでいるということだった。

 中村春子さんから、被告の準備書面が出たので次回から裁判が論争で面白くなるだろうということ。多くの方々が関心を持ってさらに傍聴を続けて欲しいこと。また、現地を踏むと実状がよく分かるのでぜひ現地を見て欲しい、5月新緑の八ッ場ダム計画地を見る会があったが、秋には紅葉の吾妻渓谷を見る会がまた催されるとのこと。

 次回の裁判は1ヶ月置いて8月26日(金曜日)11時から、同じ301法廷で行われる。

 5月27日の被告答弁書は第2回裁判のPDFファイルでご覧下さい。